If your life is in danger, call the police at 110
Our Mission and Vision

Mission

TELL is a not-for-profit organization dedicated to providing world-class, effective support and counseling services to Japan’s international community as well as helping to address the country’s growing mental health care needs.

Vision

TELL will be a leader in services and education, practicing state-of-the-art standards of care in the field of mental health. We will:

  • Create a vibrant, sustainable organization

  • Foster growth and development of all staff and stakeholders

  • Embrace diversity with compassion and respect

  • Communicate with outside organizations to bring value and talent into TELL

使命

東京英語いのちの電話(TELL)は、国際化に伴って発生するこころの問題に対し、ハイレベルのカウンセリング・サポートの提供を目指すとともに、日本において高まっているメンタルヘルスケアへの必要性に応えていくことを目的として設立された非営利団体です。

目標

メンタルヘルス(精神衛生)分野の先駆けとなり、最高のサービスを提供することを目指します。

  • 持続可能で活気のある組織

  • 団体の活動に関わるすべての人の成長と向上を促進する

  • 慈しみと尊敬の心で多様性を受け入れる

  • 他団体との情報交換を通じて、組織に価値と才能を取り入れる

A Message from TELL's Executive Director

It is a great honour for me to be involved with TELL. Since its inception in 1973, TELL has been saving lives for nearly half a century through its Lifeline, Clinic, and Outreach services. TELL relies entirely on the support of its kind and compassionate donors (you), a superb staff, and its unrivaled volunteers and clinicians. TELL, its Chairman and the Board are impassioned about what we do, and we will continue to be so for the next 50 years and more. We are here to help you.  

– Giles Duke, TELL Executive Director

私はTELLに関わることができ、大変光栄に思っています。1973年の設立以来、TELLはライフライン、クリニック、アウトリーチサービスを通じて、半世紀近くにわたって人々のいのちを救い続けてきました。TELLは、親切で思いやりのある寄付者(皆様)、優れたスタッフ、そして比類なきボランティアや臨床医の支援に頼ってきました。私たちTELLとその会長・取締役会は、次の50年、さらにその先の50年も、いのちを救う活動に情熱を注ぎ続けます。We are here to help you!

                                                                                                                                 – TELLエグゼクティブディレクター ジャイルズ・デューク

TELL's History

TELL is a nonprofit organization that has been serving Japan’s international community since 1973. TELL offers free, anonymous, and confidential lifeline support via phone and chat, professional face-to-face counseling, and an extensive outreach program.

The inspiration for TELL’s founding came from Inochi-no-denwa, the Japanese-language suicide prevention helpline. The research into the need for a similar English-language service and the work to make a start-up possible fell mostly to missionaries and members of the various English-speaking congregations in Tokyo. The first training (of some 50 volunteers with just 7 trainers) took place in 1972 with TELL taking its first call on April 1st, 1973.

In the first eight months of TELL’s operation, we answered just over 1,000 calls. By contrast in 2013 – the year of our 40th anniversary – that number had risen almost seven fold. And of course, the nature of those calls has changed significantly. In this internet age, there are far fewer “information calls” and many more demands on our volunteers to help people deal with depression, anxiety, and a host of other issues. Consequently, our training program for volunteers has evolved accordingly.

By 1988 TELL was able to extend the Lifeline service to three shifts a day and, by 2003, to four. But we still miss a worrying number of calls in the hours when the line is not manned (23:00-09:00) and our goal going forward is to provide a 24-hour service. To this end, we are considering various ideas to attract more volunteers and – while maintaining the very high standards expected in our training – make such training easier to manage for both trainers and trainees.

In the years between our founding and now, TELL has become a member of the Federation of Inochi-no-denwa; created a dedicated TELL/HIV helpline (now incorporated into the general Lifeline); created a Filipino Lifeline (now spun off); is affiliated with Lifeline International, and has received accreditation from the Samaritan Institute in the US. This latter accreditation is essential for the face-to-face counseling service we began offering in 1991.

From the late 1990s, TELL began offering a number of services for children and adolescents and we have continued to build our portfolio of offerings for Children and Families, including assessments. In 2009, we opened our medical clinic, which allowed us to provide a full menu of psychiatric and counseling support for our community

We are particularly pleased that in our 40th anniversary year, in 2013, TELL was granted certified NPO status.

TELLは1973年に設立された日本の国際コミュニティに奉仕する多面的な非営利組織です。設立されて以来、日本の国際コミュニティに匿名かつ秘密厳守の無料電話相談と情報、専門家による対面カウンセリング、幅広いアウトリーチ活動などを提供しています。

TELL設立のきっかけは、日本語の自殺予防電話である「いのちの電話」でした。英語での相談窓口の必要性のリサーチや立ち上げの作業は、主に宣教師や東京の英語圏のメンバーに任されました。1972年に最初のトレーニング(約50人のボランティアとわずか7人のトレーナー)が行われ、1973年4月1日に最初の電話相談を受けました。

最初の8カ月間では、TELLは1,000件強のコールに対応しましたが、40周年を迎えた2013年には、相談件数が約7倍にもなりました。もちろん、相談の内容も大きく変わっています。インターネットが普及している中、「情報提供」の電話が少なくなり、「うつ」や「不安」など、さまざまな悩みを抱えた人たちからの相談が多くなりました。そのため、ボランティアのトレーニングプログラムも進化しています。

1988年から2003年にかけて、ライフライン相談員のシフトを1日3枠から1日4枠に拡大しました。しかし、相談窓口が閉まっている時間帯(23時〜9時)には、まだ多くのコールがあり、今後は24時間体制のシフト作成を目指しています。そのため、より多くのボランティアを集め、研修に求められる高い水準を維持しながら、研修者と講師にとって運営しやすいよう、さまざまなアイデアを考えていくつもりです。

設立から現在までに、TELLは、日本いのちの電話連盟とライフライン・インターナショナルと提携し、TELL/HIVヘルプライン(現在はライフラインに統合)とフィリピンライフライン(現在は分離)を作成し、米国サマリタン研究所からの認定を受けました。特に後者は、1991年に開始した対面式カウンセリングサービスにおいて重要な意味を持ちます。

1990年代後半から、子どもと思春期の若者を対象としたサービスを開始し、アセスメントを含む「子どもと家族のためのサービス」のポートフォリオを構築してきました。2009年にはメディカルクリニックも開設しました。

2013年、40周年を迎えたTELLは、認定NPO法人として認定されました。

Learn More About How TELL Helps the Community in Japan

View TELL's Free COVID-19 Resources

Schedule a Counseling Appointment

Meet TELL's Staff